HOME > ニュース(イベント) > セミナー申し込みのご案内(第5回アイメックス ウェアラブル&モバイルソリューションフェア)

ニュース

イベント

2017/01/13 セミナー申し込みのご案内(第5回アイメックス ウェアラブル&モバイルソリューションフェア)

〜 ウェアラブルリングスキャナ『WRS-100』新製品発表と

 次世代型テンキー付データコレクタBW-220シリーズの活用事例! 〜

アイメックス ウェアラブル&モバイルソリューションフェアでは、下記内容にてセミナーを開催いたします。
各回とも、定員30名(先着順)となります。聴講無料ですので、是非お申込みください。
なお、セミナー内容は都合により変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
(同業他社からのお申込みはお断りする場合がありますのでご了承ください。)

開催日:2016年 2月 10日(金曜日)
            10:30~16:50(セミナー開催時間:11:00~16:15)
会場:東京国際フォーラムガラス棟 5階
         G508:セミナー会場
         G510:展示会
主催:アイメックス株式会社
協賛:モバイルコラボサロン参加各社様

【アイメックス ウェアラブル&モバイルソリューションフェア】の案内は、下記サイトよりダウンロードください。
http://www.aimex.co.jp/news/event/pdf/PrivateFair2017.pdf

 

セッションNo セミナータイトル/概要/会社名

S-1
11:00
〜11:25

新製品ウェアラブルリングスキャナWRS-100の紹介と用途提案

ウェアラブルリングスキャナWRS-100の開発背景と今後の新製品開発動向

アイメックス株式会社 代表取締役 岡田 幸紀

S-2
11:30
〜12:00

仕事支援ソフトウェアソリューション「Co.Co.Watch」

スマートウォッチ(Android Wear)を用いた仕事支援ソフトウェアパッケージの概要とWRS-100と連携した機能、活用イメージについての提案。
ミライアプリ株式会社 代表取締役 渡嘉敷 守 氏

S-3
13:00
〜13:45

国が推進中の医療IOT戦略とモバイル端末の医療現場での活用方法

全国の医療機関の診療・検査・手術・看護などの医療データの連携・収集・共用・分析によって患者安全、業務効率化、社会保障費の最適化が現実することから、内閣府を中心にIOT戦略が推進されている。 その基礎データ作りには中核でモバイル端末が必須であり、活用方法を解説。
東京医療保健大学 客員教授 黒澤 康雄 氏

S-4
13:50
〜14:15

BW-220の有効活用事例ハンディマネージドシステムのE_棚卸のご提案

BW-220と通信ミドルウェア@Hywayを使用したハンディマネージド・サービスの具体的な事例として倉管通シリーズの中のE_棚卸をご紹介いたします。
株式会社ジェイ・ジー・エス・・オー 代表取締役 矢野 肇 氏

S-5
14:20
〜14:45

RS30ターミナルを活用した機密文書の排出から溶解までの
トレーサアビリティシステム

QRコード付封印シール「封神」とRS30ターミナルを用い、機密文書を排出事業者から保管~溶解処理までの「安心安全」なトレーサアビリティシステムの導入事例を紹介
株式会社エスエルネット COO 竹村 和夫 氏

S-6
14:50
〜15:15

IoTで生まれ変わるRFID/NFCソリューション

地に足の着いた事例が日々増えていくRFID/NFCソリューションについて、IoT時代ならではの導入に関する勘所を紹介
株式会社ハヤト・インフォメーション RFIDエバンジェリスト 大坂 康宏 氏

S-7
15:20
〜15:45

RS30とスマートカードの活用により保守点検事例の紹介

「スマート設備点検システム」の特徴とAndroidビジネスターミナルRS30/スマートカードの活用したクラウド連携で設備点検作業及び報告業務の効率化と作業履歴の見える化を実現した事例紹介
株式会社東忠ソリューション 岡崎 弘司 氏

S-8
15:50
〜16:15

スマートフォン&タブレットによる物流効率化 ~事例紹介~

スマートフォンを活用したトラックドライバーと事務所との情報連携の事例とタブレット端末を利用した青果物流の事例の紹介を通して、従来のハンディターミナルを中止としたソリューションとの違いを説明
株式会社エスピック 第二システムグループ リーダ 二宮 英樹 氏

 

 

ページのトップへ