製品情報CR1400-MN1


CR1400-MN1

個人番号カード業務管理用二次元コードスキャナCR1400-MN1



    主な利用シーン
    • メディカルケア・ヘルスケア
      メディカルケア・ヘルスケア
    導入オススメの業種
    • 小売業

    特長

    • CR1400-MN1は、個人番号カード管理業務を確実且つ容易に行うためのパッケージツールです。

      CR1400-MN1には、QRコードを読取るスキャナとCSVファイルに保存するために必要な全てのアプリケーションソフトウェアを提供いたします。 オリジナルのパッケージですのでスキャナとアプリケーションの親和性は非常に高く、完成されたパッケージでのご提供を可能にいたしました。
      CR1400スキャナは、『カード発行一覧』原本のQRコード読み取りで実証した容易なスキャン能力で安心導入をお約束いたします。 個人番号カード管理業務で使用する『カード発行一覧』のQRコードのデータを表示して、指定のフォルダへスキャンした年月日時分秒をファイル名としてCSVファイルで保存します。


    • 個人番号カード管理業務では、『カード発行一覧』のQRコードをスキャンしてCSVファイルに保存する必要があります。

      「カード発行一覧表」のQRコード読み取りで紹介されたアイメックス IT1900で弊社ならびに現場のお客様にて読み取り確認を行いましたところ、読み取りが悪いカードが見受けられ、運用に支障をきたすと判断いたしましたので代わりの機種をご紹介いたします。
      • CR1400は、カード発行一覧原本のQRコードを容易にスキャンできることを実証済みです。
      • アプリケーションは、カード発行一覧のQRコードで使用しているUTF-8文字コードに対応しています。
      • QRコードのデータをスキャンした年月日時分秒をファイル名として指定のフォルダへCSVファイルで保存します。
      • 高速データ転送を可能にするUSB仮想シリアル通信の受信と高速データ表示機能をサポートしたアプリケーションでストレスの無い連続読取を可能にします。


    • 注意事項:

      一般の二次元スキャナでは、以下の内容となりますのでご注意ください。なお、CR1400-MN1では、これらの問題を全てクリアしていますので安心してご利用いただけます。

      • レベル34 QRコードの大容量データをHID USBキーボード通信で転送すると表示に長い時間を必要として、表示終了まで次のQRコードをスキャンできません。
      • 一般的な日本語表示機能は、Shift-JISコードに対応しているため、UTF-8コードでは文字化けいたします。
      • 高速データ転送のためにUSB仮想シリアル通信を使用するとシリアルデータを受信するソフトウェアが必要となります。
      • 受信データを表示して、自動でCSVファイルで保存する必要があります。


    • 推奨CR1400-MN1で使用する二次元コードスキャナCR1400は、以下の特長も持っています。
      • コンパクトなボディー しかも、堅牢性に富んでいます
      • ビープ音、バイブレーション、LED インジゲーターを搭載し、どのような環境下にも対応可能
      • Code 社独自機構搭載(特許)
        ◆Dual Field Optics(光学二重焦点)
        広角と高密度の2つの独立したカメラレンズを搭載。
        小売、運送業界で利用される幅広バーコードや、基板、スペースのない場所に印刷される小さな高密度二次元コードをこの一台で読取可能です。
        ◆Glare Reduction Technology(アンチグレア技術)
        シリンジやガラスチューブのような光沢面上のバーコードも、独自の技術により読取性能を一段と向上。
      • 破損バーコードを復元して読取可能。
      • Java Script を利用したアプリを搭載可能。読取したデータの判定・編集をリーダー本体で処理
      • アルコール除菌対応樹脂の採用。医療現場での活用に最適。かつ、IP54 ハウジング
      • きわめて 低い消費電力(通常 5VDC 450mA 以下)
      • 高速CPU(533MHz)、大容量メモリ(128MB ROM 32MB RAM)でハイ・パフォーマンスを実現



    仕様

    仕様CodeReader 1400
    物理的特性外形寸法50mm W x 70 mm L x 140 mm H (2.0”W x 2.75”L x 5.5”H)
    重量110g (3.9 oz.)
    保護等級IP54
    性能特性フィールド視野高密度:水平方向30°/垂直方向20°
    広 角:水平方向50°/垂直方向33.5°
    焦点距離約100mm
    センサCMOS 1.2Mピクセル (1280 x 960)
    グレースケール
    光学分解能高密度:960 x 640
    広 角:960 x 640
    ピッチ±60° (前後方向)
    スキュー±60° (左右方向)
    回転方向±180°
    印刷コントラスト25%(1Dコード)、35%(2Dコード)
    絶対明暗:650nm光源を使用した反射光の差
    ターゲットビームシングル青色横長バータイプ
    周辺照明免責太陽光:9,000ftキャンデル/96,890lux
    落下テスト1.8m高さからの連続落下テスト
    電源供給電圧:5VDC
    電流:通常状態=450mA以下、アイドル状態=80mA以下、スリープ状態=31mA以下
    メモリ容量128M Flash ROM/ 32MB RAM
    通信インターフェイスRS232C / USB 2.0(HID KeyBoard,仮想COM)
    使用環境動作温度-20℃~55℃ / -4F~131F
    保存温度-30℃~65℃ / -22F~150F
    湿度5%~95% 結露無き事
    デコード可能なコード1D:
      Codabar,Code 11,Code 32,Code 39,Code 93,Code 128
      Interleaved 2of5,GS1 DataBar(RSS),Matrix 2of5
      MSI Plessey,Plessey,Straight 2of5,Trioptic
      UPC/EAN/JAN

    Stacked 1D:
      GS1 Composite(CC-A/CC-B/CC-C),PDF417,
      Micro PDF417

    2D:
      Aztec Code,Data Matrix,QR Code,Micro QR Code,
      Han Xin

    Proprietary 2D:
      GoCode(別途有償ライセンス要)

    OCR:
      OCR-A Fonts,OCR-B Fonts(別途有償ライセンス要)
    Stacked 1D:GS1 Composite(CC-A/CC-B/CC-C),PDF417,
    Micro PDF417
    2D:Aztec Code,Data Matrix,QR Code,Micro QR Code,
    Han Xin
    Proprietary 2D:GoCode(別途有償ライセンス要)
    OCR:OCR-A Fonts,OCR-B Fonts(別途有償ライセンス要)
    画像データ出力JPEG,PGM,BMP
    フィールド選択高密度、広角、高密度+広角
    データ編集GS1 DataBar AI制御コードの()表示
    JavaScript(別途有償ライセンス要)
    無償保証期間5年間
    使用環境


    ダウンロード


    製品の無料貸出