よくある質問RS30 Series

RS30 Seriesについてのよくある質問と回答です。

RS30 Series

Q1.携帯電話としても使えますか?

A1.

はい、SIMフリーに対応していますので、通話可能なSIMを装着いただければ可能です。弊社ではY!mobile様のSIMを推奨いたします。

Q2.データ通信専用端末として使えますか?

A2.

はい、SIMフリーに対応していますので、データ通信専用SIMを装着いただければ可能です。弊社ではIIJ様のSIMを推奨いたします。

Q3.QRコードは読めますか?

A3.

はい、二次元スキャナモデルRS30-2Dで読取可能です。バーコードおよび2次元コードの両方を読み取りできます。日本語入力にも対応しています。

Q4.QRコード内の日本語をキー入力できますか?

A4.

はい、RS30-2Dは、標準搭載のキーボードエミュレーション機能でWebブラウザやメモ帳などのテキスト入力欄へ入力できます。既存Androidアプリケーションにも入力可能です。

Q5.RS30は購入する時期により、Androidのバージョンが異なりますか?

A5.

いいえ、ビジネスターミナル用ですのでAndroid4.4.2に固定となります。追加購入いただいてもアプリケーションはそのままご使用可能です。

Q6.無料のAndroidアプリケーションは使用可能でしょうか?

A6.

はい、一般的なAndroidアプリケーションは利用可能です。ただし、GMS(Google Mobile Service Certification)認証を必要とするアプリケーションは、RS30Gシリーズ(GMS認証)モデルをご使用ください。

Q7.通話先やメールの送信先を限定する事ができますか?

A7.

はい、標準搭載アプリケーションで通話先やメール先を制限・固定することが可能です。

Q8.RS30の3つのスキャナモデルの違いは何ですか?

A8.

RS30は、バーコード読取方法の違いで3モデルがあります。
RS30-CCD/RS30G-CCD CCDスキャナモデルは、CCDリニアデバイスでバーコードを直線の光で読み取りを行います。
RS30-LS/RS30G-LS レーザスキャナモデルは、レーザ光の点を直線のように移動してバーコードを読み取ります。
RS30-2D/RS30G-2D 二次元(2D)スキャナモデルは、カメラと同じで平面の画像で読み取りを行います。

Q9.NFCやRF-IDの読み取りはできますか?

A9.

はい可能です。NFCとRF-IDのHF帯タグを読み取りできます。Android OS標準機能で読み取り、書き込みを行えます。

Q10.RS30をNFCタグとして認識できますか?

A10.

はい、RS30は、カードエミュレーション機能を持っていますので可能です。

Q11.Wi-Fiは使えますか?

A11.

はい、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを標準搭載しています。

Q12.セキュリティの関係でカメラ機能を禁止設定にできますか?

A12.

はい可能です。標準搭載アプリケーションでカメラ機能を禁止にすることが可能です。

Q13.RS30のバッテリのみを充電できますか?

A13.

はい、RS30オプションの充電チャージャクレードルでは、RS30本体1台と充電池1個を同時に充電できます。

Q14.複数のRS30を同時に充電できますか?

A14.

はい、RS30 4台を同時に充電できる4連チャージャがあります。4連チャージャは、RS30本体のみの充電となります。保護ブーツを装着した状態でも4連チャージャのセッティングを変更すること無く充電可能です。
バッテリ単体の充電を必要とされる場合には、充電チャージャクレードルをご利用ください。

Q15.アプリケーション開発はどのように行いますか?

A15.

標準のAndroid OSを搭載していますので一般の開発環境(Android SDK、Eclipse)でアプリケーションを開発できます。バーコードスキャナ機能を利用するための無償APIを準備しています。

Q16.アプリケーション開発を依頼できますか?

A16.

はい、モバイルコラボサロン協賛会社との連携であらゆるソリューションのご提案をさせていただいております。お気軽にご相談ください。

Q17.開発ツールはありますか?

A17.

はい、バーコードスキャナおよびSAMに関するAPIを公開しております。 アプリケーション作成に必要なJDK、Android SDK、Eclipsなどは、各公式サイトよりダウンロードください。

Q18.無料のAndroidアプリは使用可能でしょうか?

A18.

はい、一般的なAndroidアプリは利用可能です。ただし、Googleの認証を必要とするアプリケーションは、GMS(Google Mobile Service Certification)認証モデルのみで利用できます。 Google Playからのダウンロード時には、必ずGoogle認証を必要としますのでご注意ください。

Q19.GMS認証モデルとは何ですか?

A19.

GMS(Google Mobile Service Certification)認証は、GoogleにAndroid端末をライセンス登録したモデルを示します。GooglePlayやMapsやGMailなどの利用ができます。

Q20.GMS認証モデルへ購入後に変更できますか?

A20.

GMS(Google Mobile Service Certification)認証は、工場出荷時にのみ対応となりますので、ご購入後のRS30シリーズにGMS認証をインストールすることはできません。

Q21.SIMを装着しないで内線電話として利用できますか?

A21.

Wi-Fiの環境下でインターネット電話(Skypeなど)アプリを利用して相互に通話可能です。

Q22.セキュリティやウィルス対策はできますか?

A22.

はい、一般のAndroid用セキュリティソフトやウィルスソフトの他にMobiControlを利用して管理ができます。

Q23.RS30評価機を借りることはできますか?

A23.

はい、無償評価機の準備がございます。弊社ホームページ「AIMEX製品の無償貸出について」よりご依頼ください。

Q24.アプリケーション開発ツールはありますか?

A24.

バーコードスキャナ、USB仮想シリアルドライバ、SAMに関する情報を提供しています。JDK、Android SDK、Eclipseにつきましては公式サイトよりダウンロードして入手ください。。

Q25.無償保証期間はありますか?

A25.

はい、ご購入から1年間となります。

Q26.年間保守契約はありますか?

A26.

はい、ご購入時にお申込みいただく必要がございます。最長5年間までとなります。

Q27.推奨の無線アクセスポイントを教えてください。

A27.

弊社では、Extreme(旧ゼブラ)社製AP6521を推奨いたします。

Q28.携帯プリンタを接続してラベルやレシートなどを印刷できますか?

A28.

はい、Android OSをサポートしているプリンタでしたら可能です。 Bluetoothまたはネットワーク経由接続で印刷可能です。


よくある質問一覧へ戻る