HOME > サポート > よくある質問

サポート

よくある質問

モバイルスキャナ・バーコードスキャナ

BW-330BT

Q1日本語入力できますか

A1

Bluetooth SPP通信ではQRコードなどに含まれる日本語を正しく出力できます。 受信側でSKT330などの日本語表示に対応している必要があります。
Ver.0049 以降では、Windows OS に限りHID(Bluetooth、BTR-UK3、USBケーブル)接続でも漢字入力が可能になりました。

Q2対応機種を教えてください。

A2

下記OSのスマートフォンに対応しております。
●Android:Ver2.2以上
●Windows Mobile:Ver5.0以上
●Windows Xp/VISTA/7/8 :
   (注意)Windows 7 内蔵BluetoothはSPPドライバの関係で接続が安定しません。

Q3iPhone(iPad/iPod touch)でも使えますか?

A3

BW-330BTは、Bluetooth HIDキーボードとしてiOSに接続して利用できます。
iOSバージョン 7.1 ではデータ入力時に不具合を発生しますのでアップデートしてご利用ください。 また、iOSのバージョンによりSafariなどのアプリケーションで正しく入力できないこともあります。

接続方法は>> icon-pdf.gif

Q4iOSで文字の欠落の対応

A4

最近のiOS端末は、バージョンアップを繰り返しております。 以前のiOSバージョン 7.2では、問題が発生しておりませんでしたが、同じiOS端末でバージョンアップすることでSafariなど一部のアプリケーションでデータ欠落が見られます。 しかし、メモ帳などでは、問題なくデータを表示できています。

業務で使用するアプリケーションで同様のデータ欠落などの不具合を発生している場合の対処方法を下記に記しますのでお試しください。

なお、本設定は、不具合の改善を保証するものではありません。 個体差などでさらに調整を行っても不具合が改善されないこともあります。

弊社としましては、メモ帳などで正常にデータを表示することから、BW-330BTからiOS端末までは、正常にデータ転送が終了しているものと判断いたします。 iOS端末の内部処理で高速(手入力との比較)入力されたデータをアプリケーションの正しく引き渡す際に問題が生じているかと推測いたして、転送データの文字間に遅延時間を入れることで対策を施しました。

なお、BW-330BTのカーネルバージョン0002.0049以降が対象となります。 それ以前のバージョンでは、文字間遅延設定をサポートしておりません。

設定方法は>> icon-pdf.gif

Q5パソコンでも使えますか?

A5

WindowsXP/Vista/7/8のパソコンは、USBケーブル(HIDキーボードまたは仮想シリアル)接続、Bluetooth SPP接続およびBluetooth HIDキーボード接続できます。
Bluetooth SPP接続の場合には、弊社のSKT330 for Winのご利用を推奨いたします。
(注意)HIDキーボード接続では、日本語(2バイト文字)の入力はできません。

MacOSは、Bluetooth HIDキーボードとして接続できます。
Bluetooth内蔵PC、専用受信ユニット(BTR-UK3)、市販USB Bluetoothアダプタでご使用できます。

Q6携帯電話で使用できますか?

A6

ドライバなどのツールはご用意しておりません。

Q7ドライバソフト「STK330」の入手方法を教えてください。

A7

Android: 弊社営業へご連絡ください。

WindowsXP/Vista/7/8: 弊社ホームページより無償ダウンロードできます。
 

Androd用の無償評価版について >> icon-pdf.gif

Q8設定変更はどうするの?

A8

BW-330BTがBluetooth接続していない場合には、BW-330BTに付属のUSBケーブルを装着してPCと接続してください。
最初に「設定開始」コードをスキャンしてから各設定コードをスキャンしてください。最後に「設定終了」コードをスキャンして設定が有効になります。

各設定については>>>icon-pdf.gif

Q9読取音は消せますか?

A9

読取音は消すことができます。
設定コードシートの2ページの【共通設定】機能設定で変更してください。
ビープ機能とバイブレーション機能を組合せることでご使用の環境に適した確認ができます。

Q10省電力モードの時間を変更できますか?

A10

時間は分単位で設定できます。
設定コードシートの2ページの【共通設定】、機能設定、パワー・オフ・タイマーで変更してください。
※初期値は2分です。

Q11初回の接続方法が分かりません。

A11

Q5のとおり各OS用ドライバソフト「SKT330」をインストールしてBluetooth接続手順書に沿った設定が必要です。
OSに合わせて設定および接続方法が異なりますのでご利用のOSに合わせた設定を行ってください。

こちら >> icon-pdf.gif

Q122回目からの接続方法を教えてください。

A12

一度ペアリングが完了したものは、電源断の状態でBW-330BTのトリガーボタンを1回押すだけでつながります。

Q13今まで使用できたのに、急に使えなくなった。

A13

ペアリングが解除されている可能性があります。

原因1:
BW-330BTのPowerボタンを5秒間長押ししませんでしたか?
電源OFF時にPowerボタンを5秒間押すとペアリング解除されます。
原因2:
スマートフォンのBluetoothがOFFになっていませんか?
充電残量が約20%以下になると本体電源を落とすための電源を確保するために自動的にBluetoothをOFFにします。
原因3:
充電残量は十分ありますか?
BW-330BTのLEDが赤く点滅していたら充電してください。
原因4:
1~3が原因でなければ故障の可能性があります。
弊社で確認をしますのでお問い合わせフォームより依頼文に不具合の現象をご記入の上、実機をお送りください。

お問い合わせはこちら

Q14充電方法を教えてください。

A14

BW-330BTの下側の黒色ゴムを外して付属USBケーブルのミニUSBコネクタを接続します。USBのもう一方のコネクタをACアダプタへ接続して充電を行います。

ACアダプタの代わりにPCへ接続しても充電可能ですが、充電時間がACアダプタより長くなりますのでご注意ください。

BW-130BT2

Q1対応機種を教えてください。

A1

下記OSのスマートフォンに対応しております。
●Android:Ver2.2以上
●Windows Mobile:Ver5.0以上
●Windows Xp/VISTA/7/8 :
   (注意)Windows 7 内蔵BluetoothはSPPドライバの関係で接続が安定しません。

Q2iPhone(iPad/iPod touch)でも使えますか?

A2

BW-130BT2は、Bluetooth HIDキーボードとしてiOSに接続して利用できます。
iOSバージョン 7.1 ではデータ入力時に不具合を発生しますのでアップデートしてご利用ください。 また、iOSのバージョンによってはSafariなどのアプリケーションで正しく入力できないことがあります。

接続方法は>> icon-pdf.gif

Q3iOSで文字の欠落の対応

A3

最近のiOS端末は、バージョンアップを繰り返しております。 以前のiOSバージョン 7.2では、問題が発生しておりませんでしたが、同じiOS端末でバージョンアップすることでSafariなど一部のアプリケーションでデータ欠落が見られます。 しかし、メモ帳などでは、問題なくデータを表示できています。

業務で使用するアプリケーションで同様のデータ欠落などの不具合を発生している場合の対処方法を下記に記しますのでお試しください。

なお、本設定は、不具合の改善を保証するものではありません。 個体差などでさらに調整を行っても不具合が改善されないこともあります。

弊社としましては、メモ帳などで正常にデータを表示することから、BW-130BT2からiOS端末までは、正常にデータ転送が終了しているものと判断いたします。 iOS端末の内部処理で高速(手入力との比較)入力されたデータをアプリケーションの正しく引き渡す際に問題が生じているかと推測いたして、転送データの文字間に遅延時間を入れることで対策を施しました。

なお、BW-130BT2のカーネルバージョン0001.0030以降が対象となります。 それ以前のバージョンでは、文字間遅延設定をサポートしておりません。

設定方法は>> icon-pdf.gif

Q4パソコンでも使えますか?

A4

WindowsXP/Vista/7/8のパソコンは、Bluetooth SPP通信およびBluetooth HIDキーボードとして接続できます。
SPP通信の場合には、弊社のRS-Keyboard Ver3のご利用を推奨いたします。

MacOSは、Bluetooth HIDキーボードとして接続できます。
Bluetooth内蔵PC、専用受信ユニット(BTR-UK3)、市販USB Bluetoothアダプタでご使用できます。

Q5携帯電話で使用できますか?

A5

ドライバなどのツールはご用意しておりません。

Q6ドライバソフト「RS-KeyboardAR」の入手方法を教えてください。

A6

Android:Android Marketからご購入ください。

Windows Mobile/WindowsXP/Vista/7/8:無償提供いたします。
お問い合わせフォームより依頼文にご使用のOSをご記入してください。

こちら >> icon-pdf.gif

お問い合わせはこちら

Q7設定コードをスキャンできません。

A7

BW-130BT2は、Bluetooth接続状態またはメモリモードでしかスキャンできません。
Bluetooth受信ユニットに接続していない場合は、裏蓋を開けて乾電池1本を取り外します。次にトリガボタンを押した状態で乾電池を戻します。
メロディが流れて「設定開始コード」をスキャン後の状態になります。各設定コードをスキャンしてください。

Q8読取音は消せますか?

A8

読取音は消すことができます。
取扱説明書の9ページの【ブザー音設定】で変更してください。

Q9省電力モードの時間を変更できますか?

A9

時間は分単位で設定できます。
プログラミング設定コードシートの4ページの【共通設定】、機能設定、パワー・オフ・タイマーで変更してください。
※初期値は2分です。

Q10初回の接続方法が分かりません。

A10

Q5のとおり各OS用ドライバソフト「RS-Keyboard」をインストールしてBluetooth接続手順書に沿った設定が必要です。
OSに合わせて設定および接続方法が異なりますのでご利用のOSに合わせた設定を行ってください。

こちら >> icon-pdf.gif

Q112回目からの接続方法を教えてください。

A11

一度ペアリングが完了したものは、電源断の状態でBW-130BT2のトリガーボタンを1回押すだけでつながります。

Q12今まで使用できたのに、急に使えなくなった。

A12

ペアリングが解除されている可能性があります。

原因1:
BW-130BT2のPowerボタンを5秒間長押ししませんでしたか?
電源OFF時にPowerボタンを5秒間押すとペアリング解除されます。
原因2:
スマートフォンのBluetoothがOFFになっていませんか?
バッテリ残量が約20%以下になると本体電源を落とすためのバッテリを確保するために自動的にOFFにされてしまうことがあります。
原因3:
電池残量は十分ありますか?
BW-130BT2のLEDが赤く点滅していたら電池を交換してください。
原因4:
1~3が原因でなければ故障の可能性があります。
弊社で確認をしますのでお問い合わせフォームより依頼文に不具合の現象をご記入の上、実機をお送りください。

お問い合わせはこちら

Q13充電池で動作できますか?

A13

BW-130BT2は、乾電池で動作していますが、市販の単4型充電池でも動作可能です。ただし、稼働時間は、乾電池より短くなります。さらに、充電池の充電は、BW-130BT2本体でできませんので取り出して専用の充電器で充電を行ってください。

BW-130BT

Q1対応機種を教えてください。

A1

下記OSのスマートフォンに対応しております。
●Android:Ver2.2以上
●Windows Mobile:Ver5.0以上
●Windows Xp/VISTA/7/8 : Windows 7 内蔵BluetoothはSPPドライバの関係で接続が安定しません。

Q2iPhone(iPad/iPod touch)でも使えますか?

A2

BW-130BTでは、iOSに接続できません。 BW-130BT2では、iOSにHID接続して利用できます。

Q3パソコンでも使えますか?

A3

WindowsXP/Vista/7のパソコンは使用できます。
MacOSはドライバが対応しておりません。
Bluetooth内蔵PC、専用受信ユニット(BTR-UK)、外部USBドングルでご使用できます。

Q4携帯電話で使用できますか?

A4

ドライバなどのツールはご用意しておりません。

Q5ドライバソフト「RS-Keyboard」の入手方法を教えてください。

A5

Android:Android Marketからご購入ください。

Windows Mobile/WindowsXP/Vista/7:無償提供いたします。
お問い合わせフォームより依頼文にご使用のOSをご記入してください。

こちら >> icon-pdf.gif

お問い合わせはこちら

Q6読取音は消せますか?

A6

読取音は消すことができます。
同梱取扱説明書の17ページの【読取り確認ブザー設定】を変更してください。

Q7省電力モードの時間を変更できますか?

A7

5パターンの時間を設定できます。
同梱取扱説明書の18ページの【節電タイムアウト設定】を変更してください。
※初期値は2分です。

Q8シリアル番号を調べる方法がありますか?

A8

本体裏面のシリアル番号が読めない場合には、こちらのpdfファイルの操作に従って確認ください。

こちら >> icon-pdf.gif

Q9初回の接続方法が分かりません。

A9

Q5のとおり各OS用ドライバソフト「RS-Keyboard」をインストールしてそれぞれマニュアルに沿った設定が必要です。

こちら >> icon-pdf.gif

Q102回目からの接続方法を教えてください。

A10

一度ペアリングが完了したものは電源断の状態でBW-130BTのトリガーボタンを1回押すだけでつながります。

Q11今まで使用できたのに、急に使えなくなった。

A11

ペアリングが解除されている可能性があります。

原因1:
BW-130BTのPowerボタンを5秒間長押ししませんでしたか?
電源ON/OFF時にPowerボタンを5秒間押すとペアリング解除されます。
原因2:
スマートフォンのBluetoothがOFFになっていませんか?
バッテリ残量が約20%以下になると本体電源を落とすためのバッテリを確保するために自動的にOFFにされてしまうことがあります。
原因3:
電池残量は十分ありますか?
BW-130BTのLEDが赤く点滅していたら電池を交換してください。
原因4:
1~3が原因でなければ故障の可能性があります。
弊社で確認をしますのでお問い合わせフォームより依頼文に不具合の現象をご記入の上、実機をお送りください。

お問い合わせはこちら

Q12充電池で動作できますか?

A12

BW-130BTは、乾電池で動作していますが、市販の単4型充電池でも動作可能です。ただし、稼働時間は、乾電池より短くなります。さらに、充電池の充電は、BW-130BT本体でできませんので取り出して専用の充電器で充電を行ってください。

CM-500W3V-IP

Q1対応機種を教えてください。

A1

下記OSのスマートフォンに対応しております。
iOS:Ver4.0以上
Android:Ver2.2以上
Windows Xp/VISTA/7/8

Q2iPhone(iPad/ipad2/iPod touch)でも使えますか?

A2

iOS4.0以上なら端末、キャリアに関係なく使用できます。
iOSバージョン 7.1 ではデータ入力時に不具合を発生しますのでアップデートしてご利用ください。

Q3AndroidスマートフォンをHIDプロファイルで使用できますか?

A3

HID対応のスマートフォンは使用できます。
AndroidではHID非対応が多いのでご注意ください。

Q4パソコンでも使えますか?

A4

WindowsXP/Vista/7/8のパソコンは使用できます。
MacOSはドライバが対応しておりません。
Bluetooth内蔵PC、外部USBドングルでご使用できます。

Q5携帯電話で使用できますか?

A5

ドライバなどのツールはご用意しておりません。

Q6ドライバソフト「RS-Keyboard」の入手方法を教えてください。

A6

Android:Android Marketからご購入ください。
WindowsXP/Vista/7:無償提供いたします。
お問い合わせフォームより依頼文にご使用のOSをご記入してください。

お問い合わせはこちら

Q7読取音は消せますか?

A7

読取音は消すことができます。
同梱取扱説明書の6.各種機能設定から「読取音なし」に変更してください。

Q8省電力モードの時間を変更できますか?

A8

最大42分まで自由に時間を設定できます。
同梱取扱説明書の6.各種機能設定から「接続時間」を変更してください。
※初期値は1分です。

Q9GS1-DataBarは読取りできますか?

A9

以下の1次元バーコードは読取りできます。
GS1 DataBar(RSS14)、GS1 DataBar Limited(RSS14 Limited)、
GS1 DataBar Stacked(RSS14 Stacked)、GS1 DataBar Expanded(RSS14 Expanded)、
GS1 DataBar Expanded Stacked(RSS Expanded Stacked)

Q10初回の接続方法が分かりません。

A10

Q6のとおり各OS用ドライバソフト「RS-Keyboard」をインストールしてそれぞれマニュアルに沿った設定が必要です。

Q112回目からの接続方法を教えてください。

A11

一度ペアリングが完了したものは電源断の状態でCM-500W3-IPのトリガーボタンを1回押すだけでつながります。

Q12今まで使用できたのに、急に使えなくなった。

A12

ペアリングが解除されている可能性があります。

原因1:
CM-500W3-IPのメインボタンを長押ししすぎていませんか?
電源ON/OFF時にメインボタンを5秒間押すとペアリング解除されます。
原因2:
スマートフォンのBluetoothがOFFになっていませんか?
バッテリ残量が約20%以下になると本体電源を落とすためのバッテリを確保するために自動的にOFFにされてしまうことがあります。
原因3:
電池残量は十分ありますか?
CM-500W3-IPのLEDが赤く点灯していたら充電してください。
原因4:
1~3が原因でなければ故障の可能性があります。
弊社で確認をしますのでお問い合わせフォームより依頼文に不具合の現象をご記入の上、実機をお送りください。

お問い合わせはこちら

BW-9000シリーズ

Q1BW-9000UKはUSBシリアルで使えますか?

A1

USBは仮想USB(COM)も使用できます。

Q2ドライバソフト「RS-Keyboard3.0」の入手方法を教えてください。

A2

WindowsXP/Vista/7(32bit/64bit):無償提供いたします。
お問い合わせフォームより依頼文にご使用のOSをご記入してください。

お問い合わせはこちら

Q3液晶画面のバーコードは読取りできますか?

A3

携帯、スマートフォン、パソコンなどの液晶画面でも読取りできます。
但し、フィルムなど貼付されていると読取れない場合がございます。

データコレクタ/ハンディターミナル

BW-220シリーズ

Q1BW-220シリーズの違いは何ですか?

A1

BW-220シリーズは、3モデルからお客様の使用環境に合わせて通信方式を選択できます。

・3Gモデル BW-220AU : auの3G回線とBluetooth通信モジュールを搭載したインフラ環境を気にせずに使用可能です。 トラック端末、ネットワーク環境の無い倉庫や仮設店舗など
・無線モデル BW-220WL : 無線LANとBluetooth通信モジュールを搭載した双方向リアルタイム通信向けです。 無線LAN通信圏内では、リアルタイムで、圏外はバッチによる蓄積で運用も可能。 ハンディターミナルの置き換えとしてお考えください。
・バッチモデル BW-220CB : クレードル経由でUSB仮想シリアル通信でホストへ蓄積データを転送します。

クレードルまたはBluetooth通信でファイル転送をサポートするAiSync(アイシンク)など豊富な有償オプションも準備しておりますので、ワンストップで運用開始が可能です。

お客様の要望に合わせた受託開発も承っております。 詳細については、営業員へお尋ねください。

Q2AiBuilderで出来ることは何?

A2

AiBuilderは、基本的に作業内容を選択して表示するメッセージを日本語または英数字で入力して作成します。 プログラムを作成したことの無い人でも簡単に設定できます。

作業は、11種類の機能から選択します。

・収集
・消し込み
・マスタ照合
・照合
・バーコードチェッカ
・GS1フォーマットチェッカ
・ファイル表示
・ファイル削除
・ファイル送信
・ファイル受信
・終了

これらの機能をメニュー設定で10機能(重複可能)まで選択することが可能です。
さらに、各機能毎に20項目の作業メッセージを作成することができます。

お客様の要望に合わせた受託開発も承っております。 詳細については、営業員へお尋ねください。

Q3カスタマイズはできますか?

A3

BW-220シリーズは、データコレクタですが、カスタマイズしてお客様の運用に合わせた動作をさせることが可能です。 カスタマイズには、2通りの方法があります。
・簡易アプリ設定ツール AiBuilderによる画面設定
・SDK(C言語)による開発

BW-220シリーズは、無償の「簡易アプリ設定ツール AiBuilder」 を使用して画面表示のメッセージを作成して、蓄積データをスキャナまたはテンキーから入力して蓄積できます。 さらに、簡単なデータ変種機能を利用してハンディターミナル並みの運用も可能です。
また、照合・消込機能を利用することで単純作業にも安心して利用可能です。

有償のライブラリを使用してSDKで細かな部分までカスタマイズも可能です。

お客様の要望に合わせた受託開発も承っております。 詳細については、営業員へお尋ねください。

Q4AiBuilderファイルの転送方法は?

A4

BW-220シリーズへ「簡易アプリ設定ツール AiBuilder」で作成したファイルを転送するために、有償のAiSync(アイシンク)を使用します。
BW-220の「F3」キーを押しながら「F1」キーを押して設定メニューを表示させます。「ファイル受信」を選択して「メニューファイル1」、「メニューファイル2」、「メニューファイル3」から選択をします。 PC側でAiSyncの通信モニタを使用してファイルを転送します。

詳細については、 AiBuilderメニューファイルのダウンロード手順.pdf をご覧ください。

Q5AiBuilder 1対N照合は?

A5

AiBuilderを起動してメニュー設定欄の「4. 照合 照合 なし -」を選択します。
入力項目設定欄の「1. 必須 コード1 テンキー/スキャナ 文字」を選択して右側の「編集」ボタンを押します。
入力名称設定欄の区分を「必須」から「共通」へ変更します。 「確定」ボタンを選択します。

詳細については、 AiBuilder活用_バーコード照合 をご覧ください。 

Z-1170シリーズ

Q1ドライバを使わずに蓄積データをパソコンに送れますか?

A1

別売のUSB(HID)ケーブルはボタン操作のみでデータを送れます。

Q21:1の照合はできますか?

A2

照合は1対1と1対nを選択できます。
ソフトを変更する必要がありますのでお問い合わせフォームより依頼文にご要望をご記入してください。

お問い合わせはこちらう

Q3幅の長いバーコードは読取れますか?

A3

最大読取り桁数の初期値は16桁です。
設定変更により最大30桁まで変更できます。
お問い合わせフォームより依頼文にご要望をご記入してください。

お問い合わせはこちら

Q4蓄積データの転送方法が分かりません。

A4

資料アーカイブ-デバイスソフト・ダウンロードサイトからドライバとユーティリティを入手してから簡易マニュアルのとおり操作して下さい。

簡易マニュアルは、こちら >> icon-pdf.gif

⇒ダウンロードサイト
http://www.aimex.co.jp/support/download/device.html

<USBシリアルドライバ>
USB Driver(CP210x_VCP_Win_XP_S2K3_Vista__7.exe)
<通信ユーティリティ>
Win Task Gen.Net Release 5.0.4.5 (Win TaskGen_Advanced_vt5.04.exe)

ソフトウェア/アプリケーション

RS-KeyboardAR

Q1モバイルスキャナとのペアリング(紐付け)がよくわかりません。どのようにすればいいのでしょうか?

A1

モバイルスキャナとのペアリング(紐付け)については、下記リンクにございますPDFファイルをご覧下さい。

こちら(約327KB) >> icon-pdf.gif

Bluetoothデバイス

Q1Bluetoothアダプタはどれでも使用できますか?

A1

市販されているUSB BluetoothアダプタでVer 3.0以下であればSPP(シリアル)接続、HIDキーボード接続が可能です。

ただし、市販されているUSB BluetoothアダプタでBluetooth 4.0に同梱されているCSR Harmony社製SPPドライバをインストールして使用しますと通信用COMポートをシリアル通信ソフト、RS-Keyboard Ver3、SKT330 for Winなどで開くことができない不具合が発生しています。
しかし、同じUSB BluetoothアダプタでWindows 8 OSのMicrosoft社標準ドライバを使用すると正常に通信ができることを確認しています。 さらに、HIDキーボード接続はUSB BluetoothアダプタのBluetooth 4.0でも問題なく動作できます。

Windows 7 OS搭載パソコンに内蔵されているBluetoothアダプタでMicrosoft社標準ドライバを使用しているとペアリングできないことがあります。

ページのトップへ