HOME > 製品情報 > BW-220活用事例

簡易アプリ設定ツール AiBuilderで業務アプリ開発
BW-220活用事例

AiBuilderによる活用

簡易アプリ設定ツール『AiBuilder』は、次世代型テンキー付データコレクタBW-220シリーズ用に開発したメニュー画面作成ソフトウェアです。
メニュータイトルをキー入力して各種設定を選択する簡単な設定ツールです。 アプリケーション開発の知識や経験の無い方でも容易に作成して業務に活用できます。


《 AiBuilderで作る業務アプリ 》

BW-220シリーズの標準設定では、
 1.入荷 ・・・・・・・・・ 商品コードと数量の実績収集
 2.出荷 ・・・・・・・・・ 得意先コードと商品コードと数量の実績収集
 3.棚卸 ・・・・・・・・・ 棚番と商品コードと数量の実績収集
 4.照合 ・・・・・・・・・ 1対1のデータ一致判定
 5.ファイル送信 ・・・・・ 蓄積データ1、データ2、データ3のアップロード実施
 6.バーコードチェッカ ・・ バーコード種別とデータ表示
 7.終了 ・・・・・・・・・ BW-220シリーズの電源オフ
の動作を行えるメニューを準備しています。

活用事例は、より実務に即した形でデータ収集や一致判定を行えるように設定を行います。

1.AiBuilderとは ・・・・・・・・・・ AiBuilderの概要を説明

2.棚卸 ・・・・・・・・・・・・・・ 担当者、棚番、商品コード、数量

3.工程管理(リアルタイム通信) ・・ 担当者、ライン番号、伝票コード、進捗状況

4.照合 ・・・・・・・・・・ 担当者、マスタコード、対象コードの1対1、1対N

5.出荷管理(シリアル収集)・・担当者、伝票コード、工程コード、シリアル

 

 

カタログ


Download Viewer Adobe Acrobat Reader
PDF形式のファイルを閲覧するためには、Adobe Acrobat Readerを予めパソコンへインストールする必要があります。
最新版の Acrobat Reader は Adobe のホームページより無料でダウンロードできます。

ページのトップへ